タジキスタンの陸軍将官用の礼帽です。バンドとパイピングは旧ソ連陸軍歩兵科
と同様赤となっています。勤務用の制帽の色はカーキグリーンですが、礼帽は
旧ソ連のワーキングアウト用の礼帽と同様、グレーとなっています。
赤のバンドにはローレルの枝と葉の金のモール刺繍が施され、旧ソ連と同様の
形をした金色の円形章には、タジクの象徴の王冠、朝日、完璧の象徴と
される7つの星が現されています。
クラウンの前部にはタジキスタンの紋章の刺繍が施されています。タジキスタンの
紋章は、最下部に開いた本、パーミール山脈、旭光の上に王冠、それらを
囲むように国の色である赤、白、緑のリボンが巻かれた綿花と麦の穂が
配されています。
顎紐は皮にローレルの葉のモール刺繍が施されたタイプで、鍔には同様に
ローレルの枝と葉のモール刺繍が施されています。顎紐を留める左右のボタン
にも円形章と同様、王冠と7つの星が配されています。

The cap of Army General of TAJIKISTAN for parade. The color of cap band
around cap frame and piping around cap crown is red as same color with infantry
of the army of U.S.S.R. The cap color of service cap is kahki green but the color
of dress cap is gray same as the color of walking out cap of U.S.S.R.
The embroidery of laurel branchs and leaves are given on the red band around
cap frame then attached gold cockade which is same shape of cockade of U.S.S.R
is given a crown, morning sun and seven stars as the symbol of perfection.
The coat of arms of TAJIKISTAN is given on the front of cap crown. The coat of
arms of TAJIKISTAN is constituted opened book at the bottom, pamir mountains,
crown on the morning sun. And cotton flowers and ears of wheat winded tape of
tri color of national colors red, white and green are given around them.
The cap chin strap is leather with gold bullion embroideries of laurel branches and
leaves and also similar pattern embroideries are given on cap peak. The button to
fix chin strap has also given seal of crown and seven stars on the surface.


帽章と顎紐,鍔の拡大写真です。

Above photo is enlarged one for cap emblem,chin strap and cap visor.

・Previous Page.