コンゴ民主共和国陸軍の将官用礼帽です。帽章の中心にはモール刺繍で
交差したライフルが施され、周りには月桂樹の枝のリースのモール刺繍が
施されています。交差したライフルの上部には、国章に表されている豹の
刺繍が施されています。帽子は濃いカーキグリーンで、フレーム部には赤い
バンドが施されています。黒のエナメル加工された鍔には、将官を表す2列の
月桂樹の葉のモール刺繍が施されています。顎紐は金色の紐タイプで、
顎紐と同様の金色の紐が、赤いバンドの下部全周に施されています。
顎紐と赤いバンドの下部の金色のコードは、ベルギー陸軍の旧型制帽の
デザインと同様となっています。

The dress cap for Army General of Democratic Republic of Congo. The
crossed rifles is given on the center of cap emblem then the wreath of
laurel branches is given surrounding crossed rifles. On the top of emblem,
the embroidary of leopard as an item of coat of arms of Democratic
Republic of Congo. The color of cap body is dark khaki green then red
band is attached around cap frame. Two rows of embroidary of laurel leaves
are given on the cap peak which is reprensenting general rank. Cap chin
strap is golden cord type and sam golden cord is attached around bottom
edge of red band. Golden chin cord and golden cord around cap band have
same design with last model of Belgian Army service cap.

帽章と鍔の刺繍の拡大写真です。

Above photo is enlarged one for cap emblem and visor embroideries.

・Previous Page.